Microsoft、「Windows」標準の「電卓」アプリをオープンソース化

本日、米Microsoftが、「Windows」の標準アプリとしてお馴染みの電卓アプリ「Windows 電卓」をMIT Licenseの下でオープンソース化したことを発表しました。

既にソースコードがGitHubで公開されており、オープン化の範囲は、ソースコード、ビルド、単体テスト、製品ロードマップが含まれており、今後、誰でも同アプリの開発に参加できるようになるとのこと。

なお、Microsoftはこのオープンソース化について、コミュニティと協力し、さらに優れたユーザー体験を構築することが目標で、電卓の未来を明確なものとするために皆さんの新鮮な視点と積極的な参加を奨励すると述べています。

ニュースリリース
Windows Calculator – GitHub
Windows 電卓 – Microsoft Store

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。