新型「AirPods」は僅か15分で満充電が可能に?? − ダークモード搭載は「iOS 13.1」になるとの噂も

ワイヤレス充電ケースが付属した新型「AirPods」が発売されると噂されていますが、その新型「AirPods」と充電ケースのワイヤレス充電はわずか15分でバッテリー残量0%から満充電が可能になるとの噂が出て来ました。

この情報を報告するのはXDAのMax Weinbach氏で、「AirPods」の本体と充電ケースをわずか15分で0%から満充電が可能になるとのことで、その代わり、充電ケースについてはワイヤレス充電への対応により僅かに厚く、重くなるとも報告しています。

現行の「AirPods」のバッテリー駆動時間は15分の充電で3時間、満充電では最大5時間となっていることから、15分で60%の充電が可能であることになりますが、今回の情報が正しければ15分で満充電が可能になり、充電速度が大幅に向上することを意味します。

ただ、本体とケースの両方をワイヤレス充電でわずか15分で満充電可能になることは考えにくく、「AirPods」本体がワイヤレス充電に対応することも考えにくい為、個人的には充電ケースに入れた際の「AirPods」の本体の充電時間のことを指しているのではないかと予想されます。

また、本体表面には「Apple Pencil 2」のようなコーティングが施されるとも報告しています。

さらに、同氏は「iOS 13」で搭載されると噂されているダークモードは、開発が予定よりも遅れており、「iOS 13」ではなく「iOS 13.1」で搭載されるとも報告しています。

ただ、同氏はAndroidのリーク情報では実績があるものの、Apple関連での情報では実績がない為、これら情報がどこまで正しいのかは不明です。

[via 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。