Microsoft、「E3 2019」で次世代Xboxに関する情報を発表へ

Thurrottが、Microsoftの計画に精通した人物の話として、Microsoftは開発中の次世代Xboxを2020年秋まで出荷しない予定だが、同社は今年も6月に開催される世界最大のゲームイベント「E3 2019」において次世代Xboxに関する情報を発表する準備を進めているようだと報じています。

どのような内容が発表されるのかはまだ分かりませんが、価格などを発表する段階ではないとのこと。

これまでの情報では、次世代Xboxは「Anaconda」と「Lockhart」というコードネームの2つのモデルが噂されており、「Anaconda」は現行の「Xbox One X」の改良版で、AMDのCPUおよびGPUやハードウェアが改良され、ゲームの読み込み速度を短縮するためにストレージにはSSDが採用されるとのことで、「Lockhart」はより手頃な価格で「Xbox One S」の後継モデルになると言われています。

他にも、光学ドライブ(ディスクドライブ)が廃止された「Xbox One」の登場も以前より噂されており、今年の「E3 2019」ではこれらモデルに関する何らかの情報が明らかにされるものと予想されます。

スポンサーリンク