Microsoft、2020年にリリース予定の「Windows 10 20H1」のプレビュー版をSkip Aheadリング向けに公開

本日、米Microsoftが、「Windows Insider Program」において”Skip Ahead”リングを選択しているユーザーに対し「Windows 10 build 18836 (20H1)」をリリースしました。

同ビルドは2020年にリリースする大型アップデート「20H1」の初のプレビュービルドとなっており、「20H1」は「19H1」と「19H2」の次にリリースする予定のアップデートで、これまでのリリース間隔通りであれば2020年春にリリース予定です。

「19H1」については今春(4月)に正式リリースの予定で、「19H2」はまだプレビュービルドが公開されていないものの、今春後半にInsider Programで”Fast”リングと”Slow”リング向けにプレビュービルドの提供が開始される予定とのことで、「19H1」のテストは今後は”Release Preview”リングに移行する模様。

本日リリースされた「20H1」のプレビュービルドでは、主にバグの修正となっており、特に新機能はありません。

なお、対象のユーザーはWindows Updateよりアップデート可能です。

Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。