新型「AirPods」はブラックモデルも存在か − 「AirPower」は今春発売との情報も

mysmartpriceが、信頼出来る情報筋の話として、第2世代目となる新型「AirPods」とワイヤレス充電マットの「AirPower」に関する最新の情報を報じています。

新型「AirPods」は、低音域のレスポンス向上の為に内部に新しい設計を採用し、グリップ性の向上の為に新しいコーティングが施されている可能性があり、心拍数の監視などヘルス機能に利用される生体認証センサーが搭載されるようです。

また、バッテリーの容量は現行から変わりないと言われていることから、バッテリー駆動時間も現行モデルから変わらない可能性があり、カラーラインナップはホワイトとブラックの2色展開で、価格は200ドル前後になるとみられています。(現行モデルは159ドル)

次に、「AirPower」と現行の「AirPods」向けのワイヤレス充電ケースが今春に発売される予定で、ワイヤレス充電ケースには上述した新型「AirPods」と同じコーティングが施されており、ワイヤレス充電ケースの内蔵バッテリーの容量は現行の「AirPods」用充電ケースに比べて小さい可能性があるとのこと。

「AirPower」は当初の予想よりも僅かに厚くなり、いくつかの独占的な機能を開発していると言われているが、それらは「iOS 13」がリリースされるまで利用出来ないようで、価格に関しては150ドル全土で発売され、iPhone 8以降のiPhoneと互換性があります。

【訂正】
一部内容を訂正しました。

スポンサーリンク