Microsoft、「iCloud」を利用するユーザーにも自動更新で「Windows 10 October 2018 Update」を配信開始へ

Microsoftは1月中旬よりWindows Updateで自動更新が有効となっているデバイスに対し、「Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)」の配信を順次再開していますが、「iCloud for Windows」をインストール済みのユーザーに対しても2月中旬より自動更新での配信が開始されることが分かりました。

Microsoftは「Windows 10 October 2018 Update」と「iCloud for Windows」が互換性の問題があったことから、「iCloud for Windows」がインストールされたデバイス向けに「Windows 10 October 2018 Update」が提供されないようにブロックしており、Appleは昨年11月にリリースした「iCloud for Windows 7.8.1」で「Windows 10 October Update」との互換性を修正済みであるものの、ブロックはまだ解除されていませんでした。

今回、Microsoftはほとんどのデバイスで「iCloud for Windows」が最新版にアップデートされていることから自動更新での配信を再開することを決定したようで、2月中旬にブロックが解除される予定です。

なお、自動更新が開始されたとしても、「iCloud for Windows 7.8.1」以前のバージョンをインストールしているデバイスに対しては、アップデート時に「iCloud for Windows 7.8.1」以降にアップデートを促すポップアップが表示されるようになるとのこと。

[via Softpedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。