スマホも1TBの時代へ − Samsungが1TBのスマホ向けフラッシュメモリを量産開始

本日、Samsungが、スマホ向けフラッシュストレージチップでは世界最大容量となる1TBチップの量産開始を発表しました。

発表したのはUniversal Flash Storage(eUFS)2.1と呼ばれるスマートフォンでストレージとして採用されているフラッシュメモリ規格で、1TBの容量は世界最大容量となり、128GBのeUFSが最初に投入されたのが2015年だった為、4年で1TBまで到達したことになるとのこと。

チップのサイズは512GBチップと同じ11.5×13㎜で、転送速度はシーケンシャルリードが1,000MB/s、シーケンシャルライトは260MB/s、ランダムリードは最大58,000IOPS、ランダムライトは最大50,000IOPSとなっています。

気になるのは、「iPhone」に同チップが採用されるのかどうかですが、iFixitの分解ではここ2〜3年は東芝やSanDiskのフラッシュメモリが確認されており、Samsung製は確認されていません。

ただ、分解に使用されているのは主に32GBや64GBなどの低容量のモデルで、256GBや512GBといった高容量モデルにどのメーカーのフラッシュメモリが搭載されているのかは未確認となっており、早ければ次期「iPhone」で1TBモデルが登場する可能性もあります。(価格は高そうですが…)

ニュースリリース(英語)

[via PhoneArena

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。