Operaのモバイル向けウェブブラウザ「Opera Touch」がiPadに対応

Operaが昨年10月にiPhone向けにリリースしたモバイル向けウェブブラウザ「Opera Touch」がiPadに対応したことを発表しました。

「Opera Touch」は、スマホでの操作を考慮し、片手だけでナビゲーションできるように工夫されており、ブラウザ画面の下にファーストアクションボタンと呼ばれるボタンが用意されていて、親指一本で他のタブや検索機能へアクセスできるユーザーインターフェイスが特徴です。

また、検索機能の使い勝手も重視されており、アプリを起動した時点でまず検索画面が開くようになっている他、音声検索やQRコード・バーコードのスキャンにも対応しています。

1月24日付けでリリースされた最新版のバージョン1.3.1では、プライベートモードやボイス検索、ウェブページの翻訳機能が追加されています。

さらに、iPadにも対応しましたが、まだ初期バージョンとのことで、バグなどが残っている可能性があり、今後に期待といったところでしょうか。

なお、同アプリの価格は無料で、iOS 11以降を搭載したiOSデバイスに対応しています。

Opera Touch – Opera Software AS
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。