Microsoft、家庭向け「Office 2019」を販売開始

本日、日本マイクロソフトが、オフィススイート「Microsoft Office」の最新版となる「Office 2019」の販売を開始しました。

「Office 2019」は、買い切りの永続ライセンス版Officeの最新バージョンで、スイート製品、および単体製品での提供となっており、アプリケーションの種類としては、Word、Excel、Outlook、PowerPoint、Access、Publisher、Project、Visioが用意されています。

また、Windows PC/Mac版、Windows PC版、Mac版が用意され、Windowsの場合は「Windows 10」が必須となっており、「Office 2019」製品(POSA版、ダウンロード版)の参考価格(税抜き)は下記の通り。

  • Office Home & Business 2019:34,800円
  • Office Personal 2019:29,800円
  • Office Professional 2019:59,800円
  • Office Professional Academic 2019:27,800円
  • Office Home & Student 2019 for Mac:23,800円
  • Office Academic 2019 for Mac:16,800円
  • Word 2019:14,800円
  • Excel 2019:14,800円
  • Outlook 2019:14,800円
  • PowerPoint 2019:14,800円
  • Access 2019:14,800円
  • Publisher 2019:14,800円
  • Project Standard 2019:78,800円
  • Project Professional 2019:131,800円
  • Visio Standard 2019:37,800円
  • Visio Professional 2019:71,800円

なお、販売は家電量販店、オンラインショップにて行われ、「Office 2019」の新機能や購入は下記のページをご覧下さい。

Office 2019 の新機能 – Microsoft
ビックカメラ.com
Microsoft Store

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。