Microsoft、家庭向け「Office 2019」を1月22日に発売へ

本日、日本マイクロソフトが、家庭向け「Microsoft Office」の最新バージョンである「Office 2019」を1月22日より発売することを発表しました。

「Office 2019」は、永続版Officeの最新バージョンで、スイート製品、および単体製品での提供となっており、アプリケーションの種類としては、Word、Excel、Outlook、PowerPoint、Access、Publisher、Project、Visioがあります。

また、Windows PC/Mac版、Windows PC版、Mac版が用意され、Windowsの場合は「Windows 10」が必須となっており、「Office 2019」製品(POSA版、ダウンロード版)の参考価格(税抜き)は下記の通り。

  • Office Home & Business 2019:34,800円
  • Office Personal 2019:29,800円
  • Office Professional 2019:59,800円
  • Office Professional Academic 2019:27,800円
  • Office Home & Student 2019 for Mac:23,800円
  • Office Academic 2019 for Mac:16,800円
  • Word 2019:14,800円
  • Excel 2019:14,800円
  • Outlook 2019:14,800円
  • PowerPoint 2019:14,800円
  • Access 2019:14,800円
  • Publisher 2019:14,800円
  • Project Standard 2019:78,800円
  • Project Professional 2019:131,800円
  • Visio Standard 2019:37,800円
  • Visio Professional 2019:71,800円

なお、販売は家電量販店、オンラインショップにて行われ、製品の詳細などは下記のニュースリリースをご覧下さい。

ニュースリリース

スポンサーリンク