Belkin、サードパーティ製としては初の「USB-C − Lightningケーブル」を発表

アクセサリメーカーのBelkinが、サードパーティ製としては初のUSB-C – Lightningケーブルである「BoostCharge USB-C to Lightning ケーブル」を発表しました。

4フィート(約1.2m)、6フィート(約1.8m)、10フィート(約3m)の長さが用意され、ケブラー繊維で補強された内部配線、耐摩耗ナイロン製の丈夫な外被、柔軟な絶縁体が、摩擦によるダメージを最小限に抑え、弾力性に優れた素材と洗練されたデザインにより、特に圧力のかかる部分が補強されているDuraTekという仕組みが採用されています。

価格は24.99ドル(約2,700円)から34.99ドル(約3,800円)で、今春に発売される予定です。

現時点ではBelkinの公式サイトにはまだ製品の詳細は掲載されておらず、MFi(Made For iPhone/iPad)認証を取得しているのかは不明ですが、同社の過去の製品を見る限り、MFi認証を取得した製品と予想され、MFi認証製品であればサードパーティ製としては初となります。
(追記:一部の海外ニュースサイトではMFi認証製品と書いているところもあり)

なお、同シリーズとしては、他にも「USB-A to Lightning ケーブル」も同時に発表されています。

[via Apple Insider

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。