「iOS 12.1.2」でも引き続きモバイルデータ通信が利用出来ない不具合が報告される

先日、「iOS 12.1.1」にアップデートした一部のユーザーからモバイルデータ通信が正常に利用出来ない不具合が報告されていることをお伝えしましたが、9To5Macなどによると、その後にリリースされた「iOS 12.1.2」でも同様の問題が報告されている事が分かりました。

問題の発生率は不明ですが、世界各国のユーザーから報告されており、問題を報告するユーザーによると、電波強度を示すアンテナピクトが圏外またはNo Serviceと表示され、「iOS 12.1.1」の時と同じようにデータ通信が正常に使えるアプリもあるようです。

Appleの公式サポートは対処法として本体の再起動を推奨していますが、この方法で改善されたとの報告はなく、9To5Macでは「Wi-FI通話」機能をオフにしたり、「VoLTE」をオフ(設定>モバイルデータ通信>通信のオプション>LTE回線の使用>データ通信のみ)にすることで対処可能な場合があると紹介しています。

「iOS 12.1.1」へアップデート後にモバイルデータ通信が正常に利用出来ない不具合

6 COMMENTS

匿名

iPad mini 4 の電池の減りが尋常じゃなく早くなったんだけど。
全く使ってないのに1日10%近く減るようになった。これまでは1週間で10%減らないくらいだったのに。

匿名

不思議と5sは安定している
キーチェーンやフォームを呼び出すと内容がキーボードの上部に表示されたまま残るのがバグなのか仕様なのかわからんけど、iOS12からウザい

匿名

これとは無関係かもしれないけどiOS 12.1.1以降通信系のアプリが不安定になっている。
iOS 12.1.2に上げても同じ。

匿名

今んとこXRも最新世代のiPad proも無事だな
家に転がってるXS MAXはまだ確かめてない

匿名

この手の問題って報告されど当たった試しがほぼ無いから、かなり限定的な影響なんだろうなぁ

匿名

受ける数も多いけど受けない数も多いんだろうね
iOS6でパケ詰まりならぬWi-Fi詰まりみたいな挙動にはマジでイラつかされた思い出がある。

現在コメントは受け付けておりません。