「iOS 12.1.1」へアップデート後にモバイルデータ通信が正常に利用出来ない不具合

Forbesによると、先日に正式リリースされた「iOS 12.1.1」にアップデートした一部のユーザーから、モバイルデータ通信が正常に出来なくなる不具合が報告されている事が分かりました。

不具合を報告するユーザーの話では「iOS 12.1.1」へアップデート後にモバイルデータ通信が利用出来なくなったそうで、ユーザーによって差があり、ほとんどのアプリでモバイルデータ通信が利用出来なくなったと報告するユーザーもいれば、アプリによって使える使えないがあると報告するユーザーもいるようです。

アプリの再インストールやキャリア設定アップデート、再起動などでは解決しないようで、正式リリース前のベータ版の時点で同様の問題が報告されていたにも関わらず、修正されずに正式にリリースされてしまった模様。

日本でも話題になったエリクソン製の交換機器が原因による世界的な大規模障害と、「iOS 12.1.1」のリリース日が重なっているので、通信障害が原因では?とも思ってしまうのですが、正常にモバイルデータ通信を使えるアプリもある他、未だに報告しているユーザーもいる為、また別の問題のようです。

[via PhoneArena

3 COMMENTS

匿名

具合がいい時は無いんかこのOS
わかっててリリースするの多すぎやろ。
MacもSafariの検索バーが頻繁に入力できなくなるバグとタブ固定解除後faviconが訳の分からない位置に残るの放置やし。
Time Capsuleのディスクキーチェーンを保存しても毎回パスワード求められるようになってからもう1年くらい経ってるんじゃないか。

らっky

確かにMac版Safariの検索バーは動作が不安定。

匿名

Windowsも、Mac(およびiOS)も問題ばっかりじゃん。
ちゃんと品質テストしてから、リリースしてるのか?

現在コメントは受け付けておりません。