InstagramのiOS向け公式アプリ、最新版でなぜか「iPhone XS/XR」のディスプレイ解像度に非対応に

InstagramのiOS向け公式アプリは今年10月のアップデートで「iPhone XS」シリーズと「iPhone XR」のディスプレイ解像度をサポートし、表示が最適化されていましたが、MacRumorsによると、最新版であるv75.0にアップデートしたユーザーかから「iPhone XS」シリーズと「iPhone XR」のディスプレイ解像度をサポートしなくなっていると報告されている事が分かりました。

上記画像はv74.0(左)とv75.0(右)を比較したもので、v75.0の方が一見すると普通に見えるものの、全体的に拡大されて表示されているような感じになっています。

ただ、使用に関しては特に問題ないですし、恐らく何らかのミスと思われ、次期アップデートで修正されるものと予想されます。

Instagram – Instagram, Inc.
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。