「Apple マップ」の屋内マップ、成田国際空港と中部国際空港が正式に対応

「iOS 11」からは「マップ」アプリで空港やショッピングモールの屋内マップが利用可能になっていますが、MacRumorsによると、Appleが同機能に対応しているショッピングモールのリストを更新し、日本の成田国際空港と中部国際空港が正式に追加されました。

Macお宝鑑定団Blogによると、両空港は今年9月より屋内マップに対応済みでしたが、Appleがようやく正式に発表した形になります。

また同時に、オーストラリアのブリスベン空港とメルボルン空港、米国のシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港、ジャクソン・エヴァース国際空港も対応空港としてリストに追加されています。

なお、日本のサイトはまだ更新されていませんが、対応している地域のリストは下記リンク先で確認可能です。

Maps: Indoor Maps Malls – Apple
マップ:ショッピングモールの屋内マップ – Apple

iPhone XS/XRの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。