「iOS 12.1.1」を搭載した「iPhone XR」では触覚タッチのタッチ継続時間を変更可能に

先日リリースされた「iOS 12.1.1」では、「iPhone XR」で触覚タッチを使って通知のプレビューを表示可能になりましたが、同時に触覚タッチのタッチ継続時間を調整することが可能になっていることが分かりました。

「iOS 12.1.1」を搭載した「iPhone XR」では、「設定>アクセシビリティ」に「触覚タッチ」の項目が追加されており、この項目では触覚タッチのタッチ継続時間を「速い」と「遅い」から選択可能になっています。

さらに、触覚タッチのタイミングテストも行えるようになっており、実際に触覚タッチが機能するまでの時間を試してお好みの方に設定することが可能です。

なお、デフォルトでは「速い」に設定されています。

[via iGeneration

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。