Microsoft、「Microsoft Edge」のChromiumベースへの移行を正式発表 − 「Windows 7/8」や「macOS」向けにもリリースへ

先日より、Microsoftが「Microsoft Edge」に代わるChromiumベースの新しいウェブブラウザ「Anaheim(コードネーム)」を開発していることや「Microsoft Edge」のmacOS版がリリースされるかもしれない事をお伝えしていますが、本日、Microsoftが、「Microsoft Edge」のChromiumベースへの移行を正式に発表しました。

「Microsoft Edge」の名前はそのままでレンダリングエンジンがChromiumベースに変更され、「Windows 7/8」と「macOS」向けにもリリースされます。

また、Chromiumベースの「Microsoft Edge」は、まずプレビュー版が来年初頭にリリースされる予定で、2019年中に「Windows 10」の「Microsoft Edge」がChromiumベースのバージョンに移行する予定とのこと。

なお、「Microsoft Edge for Mac」のリリース時期は明らかにされていないものの、来年後半にはリリースされるものとみられています。

[via Microsoft, The Verge

Microsoft、Chromiumベースへの移行と共に「Microsoft Edge for Mac」も提供か

Microsoft、「Microsoft Edge」に代わるChromiumベースの新しいウェブブラウザを開発中か

10 COMMENTS

匿名

いらねえからOSのバグとリリース間隔どうにかしろよ

匿名

独自エンジンで行ってほしかったが、残念だ。
噂が、誠の発表になってしまった…。
フィードバックHubにも書いたのに。

匿名

日本事情だからMicrosoftに罪はないけどe-Tax系ほぼ非対応だからChromeと同じマニアが使うサブブランドって印象しかなかったなあ。
Win10から始めた人には慣れ親しんだアプリだったのだろうけど。

匿名

今までMicrosoft独自エンジンのブラウザがどれだけwebコーダーを苦しめたことか。
IEや現行Edgeの撲滅に全力を注いでいただきたい。

匿名

Chromeってそんなに互換性ないんですか?
サポートOSの範囲で、最新版基準にしておけば問題ないという認識だったんですが。
Androidブラウザにはだいぶ苦しめられてきましたけど。

匿名

ieはそのまま残して欲しいなぁ。
ころころと規格が変わるchromeやedgeじゃ業務用アプリには使えないので。

匿名

んなことより、GoogleのWeb検索が使い物にならなくなって来てるからbingに力入れてくれないかな

現在コメントは受け付けておりません。