Microsoft、「Microsoft Edge」に代わるChromiumベースの新しいウェブブラウザを開発中か

Windows Centralが、Microsoftは、「Microsoft Edge」に代わるChromiumベースの新しいウェブブラウザを開発しているようだと報じています。

そのブラウザのコードネームは「Anaheim(アナハイム)」と呼ばれており、「Google Chrome」や「Opera」と同じオープンソースのウェブブラウザのプロジェクト「Chromium」ベースの全く新しいウェブブラウザになるとのこと。

また、「Anaheim」は「Microsoft Edge」を置き換えるものと言われているものの、正式名がどうなるのかや、ユーザーインターフェイスが「Edge」から変更されるのかなど、現時点で詳細は不明です。

6 COMMENTS

匿名

マイクロソフト社に一言告ぎたい。
IEもEdgeも、早く滅ぼしてほしいわ。
具体的なビジョンを示してくれ、と。

匿名

Chromiumはコロコロ仕様変わりすぎてOSのアプデで更新する程度じゃ間に合わないと思うんですが・・・

匿名

あまりに具体性の無い噂だな
既にEdgeは他ブラウザより基本動作が快適だし
Edgeベースで前々から言ってたアドオン共有の話を実現させるほうが現実的というか
そっちを誤解釈しちゃってたりすんのかもな

匿名

GoogleよりMSのほうがプライバシーポリシーいいから朗報だな
エッジは省エネ性能や標準対応性よくてもシャドーレンダリングがいまいち

現在コメントは受け付けておりません。