5G対応「iPhone」の登場は2020年か

Bloombergが、事情に詳しい関係者の話として、Appleは来年に稼働する次世代高速通信の第5世代ネットワーク(5G)に対応する新型「iPhone」の発表を少なくとも2020年まで先送りする計画のようだと報じています。

Appleは3Gと4Gが導入された時と同様、5Gもサービス開始から1年程度は時間を空け、その後で対応する主力製品を投入する見通しとのことで、Appleが5G対応デバイスの発表を遅らせる間に、ライバル企業のSamsungなどが顧客獲得で優位に立つ可能性があるとみられています。

Appleは新しいネットワークに対応して競合他社がいち早く売り出すスマートフォンはサービス範囲などを巡り問題が発生しがちなため、消費者は新製品にあまり飛び付かないと想定し、これまではそれが的中してきたものの、5Gの場合は通信速度が飛躍的に向上することから、様子見という決断はリスクとなる可能性があると指摘されています。

6 COMMENTS

匿名

実際問題1年くらいは立たないと、
世界から見ても新世代ネットワークが早く整備される日本ですら、東京近辺の一部しか電波がないとかザラだしね。
新世代ネットワークのモデムには電力効率やら発熱やら問題がつきものでもあるから、様子見で正しいと思う。

匿名

日本はセキュリティ意識が低いからインフラにファーウェイとか導入しそうで怖いしな。
5Gはしばらく先でいい。

匿名

確かに5Gはファーウェイの影響は避けられそうもありませんね。
ドコモは共同で中継実験を行い基地局-中継局間の無線機器導入が確定。
KDDiも基地局はノキアを主としつつも一部ファーウェイ導入との報道あり。
ソフトバンクもドコモと同じく共同実験やってたから導入は確定でしょう。
スマホだと国産と比較しても今のファーウェイは決して安くない筈なんだけど各キャリアから技術力が向上したと判断されたのかな。

匿名

5Gて4Gの仕様ですぐに使えるわけではないのか

匿名

3G→3.9Gは劇的な変化があったけど、5Gは旨味ないな
5G、5Gって騒いでる人は5Gで何がしたいの?

匿名

どうせYouTubeと大容量課金ゲー(そして通信制限

現在コメントは受け付けておりません。