Apple、「世界エイズデー」に合わせてApple Payでの支払いの一部を寄付するキャンペーンを開始

Appleが、本日の世界エイズデーに合わせ、本日から12月7日までの期間にApple Store、Apple.com、Apple Store AppでApple Payを使って支払うと、エイズを終わらせる戦いを支援するために、Appleがすべての支払い一回につき1ドルを(RED)に寄付するキャンペーンを開始しました。

また、購入すると「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に購入金額の一部が寄付される(PRODUCT)REDモデルを特集するページを公開しています。

Apple 公式サイト

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。