「Apple Watch Series 4」の心電図機能は「watchOS 5.1.2」で利用可能に

「Apple Watch Series 4」の目玉機能の1つである心電図機能は「watchOS 5.1.2」で利用可能になることが分かりました。

これはMacRumorsが入手したAppleの社員向け研修資料から明らかになったもので、その資料には心電図センサーのデータを活用するために必要なアプリが「watchOS 5.1.2」で利用可能になることを示唆する内容が書かれているとのこと。

また、同データを利用するには「iOS 12.1.1」を搭載した「iPhone」とペアリングする必要があるとの記載もあり、「iOS 12.1.1」も同時に正式にリリースされる模様。

なお、「iOS 12.1.1」と「watchOS 5.1.2」は近いうちに正式にリリースされるものとみられていますが、心電図機能は、当初、米国内でのみ利用可能です。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。