「Radeon Pro Vega 20」搭載「MacBook Pro 15インチ」のベンチマークスコアが明らかに

先日、Appleが「MacBook Pro 15インチ(2018)」向けに「Radeon Pro Vega GPU」のオプションの提供を開始しましたが、本日、同オプションを利用して「Radeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ搭載)」を搭載した「MacBook Pro 15インチ(2018)」のベンチマークデータが明らかになりました。

他のスペックはIntel Core i7 2.6GHz/RAM 16GB/SSD 1TBといった内容で、Geekbench 4での「Metal」のベンチマークスコアは73643点、「OpenCL」のスコアは72799点といった結果でした。

これまで選択可能だった最高スペックの「Radeon Pro 560X」を搭載している場合のスコアは「Metal」が約57,000点、「OpenCL」が約65,000点となっていることから、GPU性能としては12~29%ほど向上するようです。

なお、「Radeon Pro Vega GPU」のオプションは「MacBook Pro 15インチ(2018)」の上位モデルのみ選択でき、「Radeon Pro Vega 16(4GB HBM2メモリ搭載)」で+27,500円(税別)、「Radeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ搭載)」で+38,500円(税抜)となっています。

MacBook Pro 15インチ(2018) – Apple

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。