「iCloud for Windows」は「Windows 10 October Update」に未対応 − MSとAppleが協力して対応へ

Microsoftが、先日に配信を再開した「Windows 10 October Update (バージョン1809)」では「iCloud for Windows (バージョン7.7.0.27)」と互換性がなく、「「Windows 10 October Update」にアップデートすると共有アルバムをアップデートしたり同期する際に問題が発生する可能性があることを案内しています。

また、「Windows 10 October Update」に「iCloud for Windows (バージョン7.7.0.27)」を新規にインストールしようとすると、このバージョンの「iCloud for Windows」がサポートされていないとのエラーメッセージが表示され、インストール出来ないそうです。

このことから、Microsoftとしてはシームレスな体験を実現するため、「iCloud for Windows」を実行するデバイスに「Windows 10 Version 1809」が提供されないようにブロックしているとのことで、手動でのアップデートも控えるよう案内しています。

なお、MicrosoftはAppleと協力し、「Windows 10 October Update」に対応した「iCloud for Windows」を開発中とのことで、近い将来に対応版がリリースされるものと予想されます。

Windows 10 update history – Microsoft

[via WindowsLatest

9 COMMENTS

匿名

互換重視するならApple系は避けるべき
宗教上の理由でAndroid使えないとか言わないよね

匿名

フォルダの中身が消えてしまうとか色々ありすぎて、わざと非対応にして止めてるんだと思ってた。

匿名

32bit版iTunesをストアからインストールできない不具合もなんとかしようよ。

匿名

自分とこのiPhoneやiPadも32bit切り捨てたくらいだし
Appleの技術じゃ厳しいのでは

未だに32bit使ってる奴稀だし

匿名

公式サイトからexeダウンロードしたらインストールできるから、ストアの不具合

匿名

×ストアの不具合
○ストア版iTunesの不具合

あんま無知さらしてるとそのうちなんでもバカだからで片づけられちゃうよ

匿名

次から次にトラブル出る、マイクロソフトは大丈夫?
ナデラになってから、ほんとろくなことがないわね。

匿名

iCloudはマイクロソフトじゃなくてAppleだよ笑
iPhoneとかMacの会社
データ消失気をつけなよ

現在コメントは受け付けておりません。