Microsoft、来年に光学ドライブ非搭載の「Xbox One」を発売か

Thurrottが、Microsoftは来年に「Xbox One」のアップデート版をリリースする計画で、光学ドライブ(ディスクドライブ)を廃止した「Xbox One」が用意されるようだと報じています。

これはMicrosoftの計画に精通している関係者からの情報で、現在、299ドルからとなっている「Xbox One」シリーズの本体価格を下げるためで、ディスクドライブを廃止し、価格を200ドル以下になるとみられています。

また、この新しいコンソールの発売に合わせて、既に購入済みのゲームディスクを提携している店舗に持ち込むと、ダウンロード版に交換出来る「disc-to-digital」というプログラムも実施されるようで、ダウンロード購入を嫌うユーザー向けにディスクドライブを搭載した「Xbox One S」のアップデート版も用意される模様。

なお、Microsoftは2020年に次世代「Xbox」(Scarlett)を発売する予定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。