Apple、「Compressor 4.4.2」をリリース

本日、Appleが、「Compressor 4.4.2」をリリースしています。

今バージョンでの変更点は下記の通り。

  • 64ビットアーキテクチャがMac内のすべてのメモリを最大限に活用して、高解像度のイメージとプロジェクトに対応
  • 後方互換性によりレガシー32ビットフォーマットに対応
  • クローズドキャプションを、FacebookなどのさまざまなWebサイトで使用されるSRTフォーマットで表示、編集、配信
  • Compressorがソースメディアのプロパティを使用してMXFおよびQuickTimeの設定を自動的に構成
  • 設定の自動構成により、フレームレート、フィールドの順番、色空間を正確に適用

なお、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Compressor
価格: ¥6,000

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。