新型「iPad Pro」の「A12X Bionic」チップの動作周波数は最大2.50GHz

先日発売された新型「iPad Pro」には「A12X Bionic」チップが搭載されていますが、GeekBenchが「A12X Bionic」チップの動作周波数を明らかにしています。

発売直後は動作周波数の項目は”0GHz”となっていたのですが、現在は”2.46〜2.49GHz”と表示されており、動作周波数は「iPhone XS」シリーズの「A12 Bionic」と同じく最大2.50GHzである可能性が高そうです。

なお、昨年の「iPhone X」の「A11 Bionic」以降のチップの詳細をまとめると下記の通り。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。