「watchOS 5.1.2」ではコントロールセンターから「トランシーバー」アプリのオン/オフが可能に

本日、開発者に対し「watchOS 5.1.2 beta 1」がリリースされましたが、その「watchOS 5.1.2 beta 1」ではコントロールセンタ−に「トランシーバー」アプリの会話機能を簡単にオン/オフ出来るトグルが追加されたことが分かりました。

「トランシーバー」アプリを利用するには、現状では同アプリを起動し、”会話可能”をオンにする必要がありますが、「watchOS 5.1.2」ではコントロールセンターから簡単にオン/オフが出来るようになるようです。

なお、「watchOS」のコントロールセンターは画面下から上にスワイプすることで表示可能です。

Apple Watch でトランシーバーを使う – Apple

[via 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。