Apple、12月に中国・深センでMFiサプライヤー会議を開催へ

充电头网によると、Appleが12月に中国の深センでMFiサプライヤー会議を開催することが分かりました。

MFiは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略で、iOS製品向けに作られたアクセサリーに対するAppleの認証を意味しており、今年のMFiサプライヤー会議の日程は2018年12月4日〜7日となっているそうです。

以前よりAppleが「USB-C – Lightning ケーブル」にもMFi認証を拡大すると噂されており、この会議で「USB-C – Lightning ケーブル」のMFi認証に関する詳細が正式に発表されるものとみられています。

なお、MFi認証サイクルは一般的に3ヶ月〜半年かかると言われており、業界関係者はサードパーティ製の「USB-C – Lightning ケーブル」は来年第1四半期(2019年1〜3月)に出荷が開始されるものと予想しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。