Apple、「watchOS 5.1」へのアップデート時に「Apple Watch」が動かなくなる問題に関する情報を公開

先日、「watchOS 5.1」にアップデートする際に、リンゴマークの画面のまま動かなくなってしまう問題が報告され、Appleが「watchOS 5.1」の配信を停止するといった騒動がありましたが、本日、Appleが同問題に遭遇した場合の対処法を記載したサポート文書を公開しました。

「Apple Watch」に「watchOS 5.1」をインストールする際に問題がごく一部のユーザーで発生した為、万全を記すため、ソフトウェアアップデートの配信を停止したとのことで、「Apple Watch」がAppleロゴを表示したまま動かなくなった場合は、以下の手順で対処して欲しいそうです。

  • Apple Watch を強制的に再起動します。サイドボタンと Digital Crown を両方とも、電源が切れるまで長押ししてください。
  • Apple Watch が Apple ロゴを表示したまま動かなくなった場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

なお、アップデートが正常にインストールされた場合は、特に対応する必要はなく、この件については、今後のソフトウェアアップデートで解決する予定とのこと。

Apple Watch が watchOS 5.1 にアップデートした後で Apple ロゴを表示したまま動かなくなった場合

[via Linkman]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。