NTTドコモ、2019年度に料金を2~4割程度安くすることを明らかに

本日、NTTドコモが、2018年度の第2四半期決算説明会を開催し、その中で2019年度に安価な料金プランの提供を開始し、料金を2~4割程度安くすることを明らかにしました。

詳細は19年4~6月期に発表する予定で、1年当たりの顧客への還元額は最大で4000億円規模になる見込み。

NTTドコモの吉沢和弘社長は、スマホなどの端末代の毎月の割引をしない代わりに、通信料金を安くする分離プランを軸に考えていることを明らかにしており、この値下げ対応は菅義偉官房長官の「携帯電話料金は4割値下げできる余地がある」との発言が影響しているものとみられていますが、吉沢和弘社長はあくまで自主的な動きと否定しています。

2018年度 第2四半期決算説明会(PDF)

[via 日本経済新聞

9 COMMENTS

匿名

で、ここからどう焼け太りに持っていくかが、docomo経営陣の腕の見せ所というわけですね。
当然auもSoftBankも焼け太りに持っていくつもりでしょう。

匿名

今期決算がなかなか酷いね。
モバイル一辺倒からの脱却を狙っているのなら正常ではあるけど。

匿名

最安プラン出します!
(ただし、0GB、無料通話無しのプラン)
とかでしょ、どうせ。
通信量と通話量で回収する、結局今より実質高いプランとか。

「↑そいうのはダメですよ」って事前に言える頭を持って欲しい。

匿名

民間に口出しする頭の悪さな時点で期待するだけ無駄よ…
ただの選挙対策なんだから…

匿名

コメントが反映されない…?誰がコメント書いてるの??

taisy0

いつも有り難うございます。
コメントはURLを含んでいない限りは普通に表示されますが、キャッシュが効いている為、実際にユーザーの方々に表示されるには投稿から少し時差があります。
今後とも宜しくお願い致します。

匿名

ドコモが安くなるのは確定したよ
大幅減益の見込みだしてるからみてきなよ

現在コメントは受け付けておりません。