NTTドコモ、2019年度に料金を2~4割程度安くすることを明らかに

本日、NTTドコモが、2018年度の第2四半期決算説明会を開催し、その中で2019年度に安価な料金プランの提供を開始し、料金を2~4割程度安くすることを明らかにしました。

詳細は19年4~6月期に発表する予定で、1年当たりの顧客への還元額は最大で4000億円規模になる見込み。

NTTドコモの吉沢和弘社長は、スマホなどの端末代の毎月の割引をしない代わりに、通信料金を安くする分離プランを軸に考えていることを明らかにしており、この値下げ対応は菅義偉官房長官の「携帯電話料金は4割値下げできる余地がある」との発言が影響しているものとみられていますが、吉沢和弘社長はあくまで自主的な動きと否定しています。

2018年度 第2四半期決算説明会(PDF)

[via 日本経済新聞

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。