Apple、新型「iPad Pro」シリーズを発表 − Face IDを搭載

本日、Appleが、新型「iPad Pro」を発表しました。

11インチと12.9インチのLiquid Retina ディスプレイを搭載し、ホームボタンが廃止され、ベゼルがより狭くなり、フルディスプレイ化されているのが特徴です。

厚みは5.9㎜と前モデルよりも15%薄型化され、新たにFace IDが搭載されています。

プロセッサには100億のトランジスタを搭載した「A12X Bionic」チップが搭載され、シングルコアで35%、マルチコアで90%高速化され、GPUは前世代より2倍高速化されていて、初代iPadに比べると1,000倍高速化されているとのこと。

ストレージは最大1TBとなっており、ポートはLightningからUSB-Cに変更され、USB-Cポートを利用して外部ディスプレイに接続したり、「iPad Pro」から他のデバイスを充電することも可能。

同時に本体にジェスチャー機能を内蔵した第2世代の「Apple Pencil」も発表され、新型「iPad Pro」にマグネットで取り付け可能で、取り付けると自動的にワイヤレスで充電が開始され、「Apple Pencil」を取り外すと「iPad Pro」のディスプレイがオンになるようになっています。

さらに、キーボード搭載フォリオケース「Smart keyboard Folio」も用意されます。

なお、価格は11インチモデルは799ドルから、12.9インチモデルは999ドルからで、本日より予約受付が開始され、11月7日に発売されます。

また、従来の10.5インチモデルは引き続き販売され、価格が649ドルからに値下げされます。

iPad Pro – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。