【Windows 10】全てのアプリをタブ化出来る「Sets」、正式提供の目処立たず

Microsoftは「Windows10 October 2018 Update(バージョン1809)」の新機能として、全てのアプリをタブブラウザのようにまとめて表示出来る機能「Sets」を提供する予定だったものの、今年6月に開発段階の途中で削除されたまま未だに何もアナウンスがないのですが、現在も同機能の提供は目処が立っていないようです。

これはWindows 10 InsiderチームのBrandon LeBlanc氏が明らかにしたもので、ユーザーからの「Sets」がいつ再搭載されるのかとの問いに対し、残念ながら明確なリリース時期はまだ決まっていないことを明らかにしています。

同機能の正式提供に向けまだ準備が整っていないようで、バグのテストや修正に多くの時間が必要な模様。

「Windows 10」の次期大型アップデートは来春リリース予定の「19H1」ですが、この調子ではもしかしたら「19H1」のリリースにも間に合わないかもしれません。

なお、「Windows10 October 2018 Update」のプレビュービルドから同機能が削除された理由は、サードパーティ製アプリとの互換性の問題とみられています。

[via MSPU

iPhone XS/XRの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。