ARMベースのMacは2020〜2021年に登場か

9To5Macによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、2020年もしくは2021年にARMベースのプロセッサを搭載したMacが登場する可能性があると予測していることが分かりました。

同様の予測は過去にもありますが、同氏はARMベースのプロセッサを搭載したローエンドモデルのMacが2020年もしくは2021年に導入されると予想しています。

また、2023年までに台湾のTSMCがAppleの自動運転車用のカスタムチップを生産すると予測しており、3nmもしくは5nmプロセスが採用され、レベル4(高度自動運転)もしくはレベル5(完全自動運転)の自動運転車が提供される可能性があるとのこと。

他にも、iOSデバイス向けの「A」シリーズプロセッサについては、2019年の「A13」チップ、2020年の「A14」チップについてもTSMCが独占的に供給するものとみられています。

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。