Microsoft、米国で「Windows 10 Home」を値上げ − 日本は変わらず

MSPUによると、Microsoftが米国で「Windows 10 Home」の価格を値上げしていた事が分かりました。

米国のMicrosoft Storeでの「Windows 10 Home」の価格は、以前は119.99ドル(約13,700円)だったものの、現在は19.01ドル(約2,100円)値上げされ、139ドル(約15,800円)となっており、値上げの理由などは不明。

なお、日本では今のところ値上げされておらず、公式価格は19,008円(税込)となっています。

Windows 10 Home – Microsoft Store
Windows 10 Home – Amazon

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

5 COMMENTS

匿名

もう逆に値下げか無料にした方がいいよ、今日現在だって以前終了宣言したはずの無料アップグレードによるデジタルライセンス付与が実は継続しているんだし。
今まで仕事でWindows導入が基本だったけど、ここ2、3年iPadがぼちぼち増えてきた
WPが死んだんだから尚更この分野で手軽にユーザー確保できるようにしておいた方がいいわ。

匿名

とはいえども、向こうも企業ですし。
裏で無料アプデできる事実があるとしても、無料って訳には汗
ビジネスでは基本正規で買うのが大半ですから。

iPadに負けるとしてもそれはそれで時代の流れとともにPCが負けるのは仕方ない事かと。

匿名

iPadに負ける?流石に草しか生えない
企業でiPadは使い物にならないんだが無職か?現実みろよ…

匿名

iPad使われたのって一昔前コスト削減目的でレジの代わりとして普及したけど
もしかして職場ってバイトだったりして
今はもうレジでもみなくなったけど利便性最悪だったからな…あれはひどかった

匿名

営業PR用だと今もiPadの納入は増加してるしFA業界ではHMIのシェアを奪いつつあるよ。
ただ日本の場合はSurface Proのシェアも順調に伸びてるから
営業ではNotePC+iPadからSurface Pro1台に取って代わりそうな気がするけどね。
どちらにしてもWin機が必須だからiPad単体ってのは末端オペレーター位しか想像つかないなあ。

現在コメントは受け付けておりません。