楽天Kobo、8インチ画面を備えた新型電子書籍リーダー「Kobo Forma」を発表

本日、楽天グループのRakuten Koboが、8インチ画面を備えた新型電子書籍リーダー「Kobo Forma」を発表しました。

「Kobo Forma」はKobo電子書籍リーダー最大となる8インチの大画面を備え、シリーズ初の「ページめくりボタン」を搭載した最上位モデルとなっており、手で持つグリップ部分が厚みを持ちカーブしている特徴的な形状をし、読む時にフィット感が心地良いように設計されているのが特徴です。

重さは約197gで、ページめくりボタンを用いた片手での操作は快適で疲れにくくなっており、約32GBの大容量内蔵メモリを備え、小説などテキスト形式の書籍が約28,000冊分、またはコミック約700冊分を保存することが可能。

ディスプレイは300ppiの高解像度ディスプレイを搭載し、フロントライト技術「ComfortLight PRO」も採用しているため、昼間の読書に適した明るい白色から就寝前に適したオレンジ色の電球色まで、一日を通して目にやさしい最適な色相で読書が楽しむことが可能で、防水機能も搭載しています。

さらに、端末を縦向きまたは横向きへ回転させると、それに応じて画面の表示方向も自動で反転する他、コミック好きな方向けに、Koboシリーズでは初めてとなる見開き表示を可能にする予定で、年内にはソフトウェアのアップデートを行う予定とのこと。

国内での発売は10月24日の予定で、価格は税抜き31,800円(税抜)となっており、専用のスリープカバーも4,580円(税抜)で同日に発売されます。

なお、販売に先駆け本日午前10時より、「楽天市場」や、家電量販店「ビックカメラ」「ソフマップ」「コジマ」の店頭と各社ウェブサイト、および「Joshin webショップ」で予約受付を開始しています。

楽天市場
ビックカメラ.com
ソフマップ・ドットコム

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。