「iPhone XS/XS Max」、「iOS 12.1」ではポートレート写真撮影時にリアルタイムで被写界深度を調整可能に

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は深度コントロール機能が利用可能で、ポートレートモードで撮影した写真の被写界深度を撮影後に調整することが可能ですが、「iOS 12.1」ではポートレート写真撮影時にリアルタイムで被写界深度を調整出来るようになることが分かりました。

Macerkopfによると、先日にリリースされた「iOS 12.1 beta 1」では同機能が利用可能になっており、「iOS 12.1 beta 1」を搭載した「iPhone XS」と「iPhone XS Max」では、ポートレートモードでの撮影時にリアルタイムで被写界深度を調整することが可能です。

「iOS 12.1」で正式に導入されることはまだ未発表ですが、このまま問題がなければ「iOS 12.1」の正式リリースと共に一般のユーザーも利用可能になるものと予想され、「iOS 12.1」は10月に発表されると噂されている新型「iPad Pro」と同時にリリースされるものと予想されます。

[via 9To5Mac

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。