iFixit、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の分解レポートを公開

iFixitが、昨日に発売された「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の分解レポートを公開しました。

まず、ストレージは東芝製、RAMはMicron製となっており、Apple製の電源管理チップが新たに搭載され、バッテリー容量は「iPhone XS」が2,659mAh、「iPhone XS Max」が3,179mAhである事が正式に確認されました。

また、バッテリーの形状は両モデルとも「iPhone X」に引き続きL字型バッテリーとなっていますが、「iPhone XS」は単一セル、「iPhone XS Max」は2つのセルで構成されているのが特徴。

他にも、Taptic Engineの形状が両モデルでは異なっていたり、デュアルレンズカメラの広角カメラのセンサーサイズが32%大型化されているとのこと。

なお、「iPhone XS」シリーズでは防塵・防水性能がIP67からIP68へと向上していますが、分解したところ、「iPhone X」から防塵・防水の為に行われた変更点は特に見つかっていないようで、どうやって防塵・防水性能を向上させたのかは不明。

最後に、分解し易さを示すスコアは10点満点中6点と、ディスプレイが壊れた際に交換出来ることが好評価となっており、背面のガラスパネルが割れた際に筐体全てを交換する必要があることなどがマイナス評価となっています。

iPhone XS and XS Max Teardown – iFixit

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。