Microsoftの認証アプリ「Microsoft Authenticator」がApple Watchに対応

本日、Microsoftが認証アプリ「Microsoft Authenticator」のiOS版をアップデートし、新たにApple Watch向けアプリの提供を開始しました。

「Microsoft Authenticator」は、スマホで簡単に「Microsoft アカウント」にログインできるようにするアプリで、パスワードの入力は不要で、ユーザー名を入力し、スマートフォンに表示される通知を承認するだけでログイン出来る仕組みとなっています。

今回、Apple Watchに対応したことで、Apple Watchに表示される通知を承認できるようになり、スマホを取り出す必要がなくなります。

同アプリを利用していたApple Watchユーザーは是非アップデートを。

Microsoft Authenticator – Microsoft Corporation
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。