新型「iPhone 6.1インチ」のカラーモデルのダミーユニット、実は本物の試作機だった??

先日、新型「iPhone」の6.1インチモデルのレッドモデルやブリーモデルのダミーユニット(模型)とされる写真が公開されましたが、著名リーカーのBen Geskin氏が、公開されていた写真のデバイスはダミーユニットやクローンではなく、本物の試作機だったと報告しています。

公開されていたのは上下の画像で、新型「iPhone」の6.1インチモデルの複数のカラーモデルの写真となっており、ホワイト、レッド、ブルー、ブラック、ゴールド(?)、ローズゴールド(?)といったカラーのモデルが映っています。

確かに下記の画像なんかはダミーユニットにしては精巧な作りとなっており、カメラのリングや側面のアルミ製筐体の部分まで同じカラーで揃えられているのが特徴です。

また、デュアルSIM対応を示唆するSIMカードトレイの写真も公開されており、試作機とのことなので、本当にこれらのカラーラインナップで発売されるのかは不明ですが、多色展開の可能性は高そうです。

[via Twitter

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。