「Google Chrome」、登場から10周年を迎える

日本時間の本日2018年9月3日をもって、Googleのウェブブラウザ「Google Chrome」が登場から10周年を迎えた事が分かりました。


(beta 1のスクリーンショット / via Wikipedia

「Google Chrome」は、Chromiumと呼ばれるオープンソースプロジェクトで開発されたウェブブラウザをもとに開発され、北米では現地時間の2008年9月2日、日本では2008年9月3日にWindows XP/Vista向けのベータ版が初公開され、同年の12月12日に正式版が公開されました。

その後、2010年5月25日(日本時間5月26日)にMacとLinux向けの正式版がリリースされ、さらに2年後の2012年6月28日にモバイル版となるAndroid版とiOS版がリリースされ、現在に至っています。

なお、現在はデスクトップ向け、モバイル向けともにシェア60%以上(Net Applications調べ)と断トツで1位の人気ブラウザとなっています。

[via The Verge, Wikipedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。