「MacBook Pro (2018)」向けの「macOS High Sierra 10.13.6 追加アップデート2」ではスピーカーノイズやカーネルパニックの問題が修正された模様

昨日、Appleが、「MacBook Pro (2018)」向けに「macOS High Sierra 10.13.6 追加アップデート 2」をリリースしたものの、アップデートによる変更点は安定性と信頼性が向上するとだけ案内されており詳細は不明でしたが、MacRumorsが、同アップデートでの変更点の詳細を確認し報じています。

MacRumorsによると、同アップデートでは一部ユーザーから報告されていたスピーカーからノイズが発生する不具合が修正されている他、カーネルパニックが発生する不具合が修正されているとのこと。

ただ、ノイズに関してはiTunesでの音楽再生時などは修正されていることが確認されているものの、SafariでYouTubeのコンテンツを再生した場合にまだ発生するとの報告例がある他、カーネルパニックについても、アップデート後も「bridgeOS」が原因でクラッシュしたとの報告例もあります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。