ソフトバンク、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる新プラン「ウルトラギガモンスター+」を発表

本日、ソフトバンクが、スマートフォン向けの新しい料金サービスとして、データ容量を消費しない「ギガノーカウント」により、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる「ウルトラギガモンスター+」を発表しました。

「ウルトラギガモンスター+」は、毎月50GBまで利用できるデータ容量に加えて、対象の動画サービスやSNSが「ギガノーカウント」により使い放題となる料金サービスで、基本プランを含めて月額3,480円から利用可能。

申し込み受け付けは2018年9月6日に開始され、対象の動画サービスとSNSはYouTube、AbemaTV、TVer、GYAO!、Hulu、LINE、Instagram、Facebookで、今後順次拡大される予定とのこと。

また、「ウルトラギガモンスター+」のデータ容量を消費することなく、全てのデータ通信が使い放題となるキャンペーン「ギガ使い放題キャンペーン」も2019年4月7日までの期間限定で実施されます。

ニュースリリース(PDF)
ソフトバンクオンラインショップ

4 COMMENTS

匿名

Netflixはauと、DAZNはdocomoと契約しているから対象には入らなかったか。
Facebookは入れてもTwitterは入れないんだね。
しかし、3,480円といっても、みんな家族割とおうち割で下駄噛ませまくってだからねぇ…
普通に契約したら8,000円コースというのがなんとも。

匿名

新料金プランは月月割の対象外になるのでさらにiPhone XS Plusを分割で買って端末代も含めたら普通に税込み1万円超えるコースかもw

匿名

公式ストアのロックフリー端末よりもよりも割高な端末を購入して、割高な通信料を払うという21世紀の高等プレイ。

匿名

新料金プランは月月割の対象外にならないってことは、例えばiPhoneの場合、ソフトバンクよりもアップル直売のiPhone (unlocked、日本で言うところのSIMフリー)が安ければ、端末はアップルで買ってソフトバンクと「USIM単体契約(通話基本プラン+ウルトラギガモンスタープラス50GB)」という手もありますよ。ただし、ソフトバンクで端末を買うと「1年おトク割」として12ヶ月間1,000円割り引かれる特典(つまり計12,000円値引きされる)があるのでApple直売価格がソフトバンクよりも税抜き12,001円以上安い場合に限るでしょう

現在コメントは受け付けておりません。