中古スマホも来年9月よりSIMロック解除が義務化へ ー 総務省がガイドラインを改正

本日、総務省が、法律に基づくガイドラインを改正し、来年9月以降、中古の端末でもSIMロックの解除に応じるよう携帯各社に義務づけることが分かりました。

これまで携帯各社は、端末を新品で買った契約者に対しては、購入してから一定期間が経つなどした場合にSIMロックの解除に応じていたものの、中古の端末は対象外でしたが、今回の明らかになったガイドラインの改正により、キャリアが中古端末のSIMロック解除に応じることが義務付けられます。

なお、SIMロック解除関連のガイドラインの適用は2019年9月1日からとなっており、総務省としてはSIMロックの解除によって中古の端末の流通を活発にし、格安スマホへの移行を増やすなど、事業者間の競争を促すことが狙いとなっています。

[via NHKニュース, 総務省

4 COMMENTS

匿名

パブコメのキャリアの要望みたけど酷いもんだ
この状況の中でくそ反対してて笑えないわ

匿名

正直セキュリティサポートの終わった端末やバッテリの劣化を意識されずに中古端末が出回るから手放しでは歓迎できんわ。
リファービッシュ品とか新古品も国で推進すればいいんだが。
MVNOの促進とか言ってるけど、4値下がればMVNOに移行する意味を見出せない人間も増えて来るから逆にMVNO各社もバタバタ死んでいって競争どころではなくなる。
あまり下げすぎても5Gやさらに先の次世代通信インフラの資金も調達できんし、価格が安いと国が比較していたイギリスは安い代わりに質が悪いからな。

現在コメントは受け付けておりません。