Apple、今年も米国の国立公園の支援キャンペーンを実施 − 9月1日には「Apple Watch」のアクティビティチャレンジも実施へ

米Appleが、昨年に続き、米国の国立公園を支援するキャンペーンを発表しました。

現地時間の8月24日から8月30日までの期間中に、米国のApple Storeやオンラインストアで「Apple Pay」を使って買い物をすると、購入舞に1ドルが公園財団に寄付されるものとなっています。

また、9月1日に「アクティビティ」アプリで、50分間のウォーキング、ランニング、車椅子のいずれかのワークアウトを完了させた「Apple Watch」ユーザーに対し、限定バッジやiMessage用ステッカーをプレゼントするアクティビティチャレンジも実施されます。

なお、アクティビティチャレンジは世界中のユーザーが対象となっているので、日本のユーザーもチャレンジしてみては如何でしょうか。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。