ヤマダ電機、今月より法人や個人事業主向けにApple製品を対象とした「YAMADA アップグレードプログラム」を提供中

ヤマダ電機が、今月から中小規模の法人や個人事業主向けにApple製品を対象とした「YAMADA アップグレードプログラム for Apple Products」の提供を開始しています。

「YAMADA アップグレードプログラム for Apple Products」は、AppleのMacまたはiPadの購入者を対象としたショッピングクレジット(据置型)の決済手段で、本体価格から2年後の製品推定買取額(据置額)を予め差し引いた金額で分割払いにする事によって、初期費用と月々の支払い額を抑える事ができ、終了時に再度プログラムを利用する事により新機種の導入が容易となるもの。

現在のところヤマダ電機LABI1日本総本店池袋の法人窓口でのみ提供されており、今後、順次拡大予定とのこと。

なお、詳細は下記のニュースリリースをご覧下さい。

ニュースリリース(PDF)

また、個人向けとしては、以前よりビックカメラが「Macアップグレードプログラム+」と「iPadアップグレードプログラム」を提供しています。

Macアップグレードプログラム+
iPadアップグレードプログラム

[Thanks! Daisukeさん]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。