「Apple Store」の店舗数、2023年には600店舗に達する見込み

日本でも来週末に新しい「Apple Store」が京都にオープン予定ですが、今後5年間で「Apple Store」は世界で600店舗まで達すると予想されています。

これはApple関連のアナリストであるGene Munster氏が予測しているもので、現在の「Apple Store」の店舗数は511店舗となっており、同氏は2023年には600店舗に達すると予想しています。

今後5年間で現在より約90店舗増加するとの予測ですが、中国で50店舗オープンすると予想されており、今後6ヶ月以内にインドでの「Apple Store」のオープンも発表される予定とのこと。

また、現在の小売部門の従業員数は65,000人ですが、こちらも今後5年間で80,000人まで増加すると予測されています。

[via Apple Insider

スポンサーリンク