「iPhone」の2019年モデル、引き続き液晶ディスプレイを搭載した機種が存在か

今年発売される次期「iPhone」シリーズは、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと、6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルの3モデル構成になると言われていますが、2019年に発売される次世代「iPhone」シリーズでも引き続き液晶ディスプレイを搭載したモデルが用意されるかもしれない事が分かりました。

The Bellによると、Appleが来年に発売する「iPhone」の液晶ディスプレイ用のパネルの開発をLG Displayに対して要請した事が確認されたようです。

Appleは当初、来年に発売する「iPhone」では全てのモデルに有機ELディスプレイを採用することを計画していたようですが、「iPhone X」が有機ELディスプレイを採用したことから販売価格が高額になり、売れ行きが期待を下回ったことから、今年に引き続き、液晶ディスプレイ搭載モデルを残す決断をしたものとみられています。

1 COMMENT

匿名

インパクトのある新機能を搭載しない限りは、
値段勝負になるのはしょうがない。
液晶は見やすいしね(有機ELはちょっとギラツキが目にね)
ディスプレイへの指紋認証機能の追加や、ノッチの撤廃は2019年版にはあるんだろうか?

現在コメントは受け付けておりません。