auとUQ mobile、平成30年7月豪雨の被災者に対するデータ通信容量10GB追加を8月も実施へ

KDDI(au)とUQ mobileが、平成30年7月豪雨の被災者に対して実施していたデータ通信容量を10GB追加する施策について、8月も引き続き実施することを案内しています。

両社とも災害救助法が適用された地域におけるユーザーが対象で、KDDIは2018年8月も順次、データ通信容量を10GB追加するとのことで、UQ mobileは7月および8月の各月にユーザーがチャージしたデータ通信容量10GB相当の料金(最大10,000円)を割り引いてくれます。

なお、両社とも詳細は下記のニュースリリースをご覧下さい。

KDDI
UQ mobile

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。