auとUQ mobile、平成30年7月豪雨の被災者に対するデータ通信容量10GB追加を8月も実施へ

KDDI(au)とUQ mobileが、平成30年7月豪雨の被災者に対して実施していたデータ通信容量を10GB追加する施策について、8月も引き続き実施することを案内しています。

両社とも災害救助法が適用された地域におけるユーザーが対象で、KDDIは2018年8月も順次、データ通信容量を10GB追加するとのことで、UQ mobileは7月および8月の各月にユーザーがチャージしたデータ通信容量10GB相当の料金(最大10,000円)を割り引いてくれます。

なお、両社とも詳細は下記のニュースリリースをご覧下さい。

KDDI
UQ mobile

NTTドコモ、平成30年7月豪雨の被災者に対するデータ通信の速度制限解除期間を延長 ー 「ドコモ光」契約者等への一部機器の無償提供も