次期「iPad Pro」シリーズは「iPhone SE」を巨大化したようなデザインに?? − サイズなどの詳細も

Appleは今秋に次期「iPad Pro」を発売すると噂されていますが、Macお宝鑑定団Blogが、サプライヤーからの情報として、次期「iPad Pro」シリーズは狭額縁仕様となり、筐体サイズが少し小さくなる可能性があり、10.5インチモデルのサイズは高さ247.5mm、幅178.7mm、厚み6mmとなり、12.9インチモデルのサイズは高さ280mm、幅215mm、厚み6.4mmのサイズとなるようだと報じています。

デザインについては、エッジ部分のダイヤモンドカット加工が、前面だけでなく背面にも施され、「iPhone SE」を巨大化したようなデザインになるとのこと。

さらに、頭頂部と背面上部に装備されているマイクは、頭頂部のマイクが2個になりステレオマイク仕様となり、3.5mmヘッドフォンジャックが廃止され、iPadシリーズはiPhoneとは異なり、EarPodsが同梱されないため、Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタも同梱されない模様。

また、Face IDが搭載されることにより、本体を横にしてのロック解除が実現出来ないためか、これまで側面に装備されていたSmart Connectorの位置が、Lightningコネクタに近い背面下側に移動しているようで、次期「iPad Pro」用のSmart Keyboardは縦位置で仕様する方式に変更される可能性があるそうです。

サイズの比較

  次期モデル 現行モデル
10.5インチ 247.5 × 178.7 × 6 ㎜ 250.6 × 174.1 × 6.1 ㎜
12.9インチ 280 × 215 × 6.4 ㎜ 305.7 × 220.6 × 6.9 ㎜
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。