Microsoft、「Windows 10 Redstone 6」の開発をスタート

Microsoftは今年10月に「Windows 10」の次期大型アップデート「Redstone 5」(コードネーム)を正式にリリースする予定ですが、Microsoftの社内では、その次の大型アップデートである「Redstone 6」の開発が始まった模様。

開発中のWindows 10ビルド番号が確認できる非公式サイトのBuildFeedによると、現地時間7月16日に「Redstone 6」として初の内部ビルドである「18200.1000」が確認されており、Skip Aheadリング向けのプレビュー版の提供は「Redstone 5」の完成と同時期の8月末〜9月初旬頃に開始されるものと予想されます。

なお、「Redstone 6」での変更点などはまだ不明ですが、正式リリースは2019年4月になるものと予想されます。

[via Softpedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。